So-net無料ブログ作成
検索選択
立山黒部アルペンルートツーリング ブログトップ

雷鳥様記事、写真付きで公開しますた [立山黒部アルペンルートツーリング]

怒涛の立山レポ。
すでにネタバレではございますが、
ようやく写真付きで再upしましたので
是非、かぁあいい雷鳥様見て下さいまし。

ここクリックよろしくね!
http://r1200rt-nyabi2.blog.so-net.ne.jp/2013-09-29-4

次なる野望は冬毛の雷鳥さん。
来年、狙っちゃいますか(爆)

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:バイク

来た来た来た~雷鳥だぁ~(写真付き) [立山黒部アルペンルートツーリング]

旦那の指差す先に見えたのは

雷鳥様だーーーーーーっ

今回は無理だと思っていた雷鳥様

急いでデジイチ取り出し、なるべく大きな音をさせないように雷鳥を追う。
1羽かと思っていたら、

3羽だーーーーーーーっ

無駄な250mm持参した甲斐あったぜぇ~

行くよぉ~雷鳥パラパラ~
IMG_3435.JPG

IMG_3445.JPG

IMG_3559.JPG

IMG_3560.JPG

IMG_3570.JPG

IMG_3606.JPG

IMG_3577.JPG

IMG_3650.JPG

IMG_3588.JPG

IMG_3655.JPG

ここまで近づく恐るべし雷鳥様(-_-;)
DPP_0671.JPG

DSCN5990.JPG

DPP_0672.JPG

おまけのイワヒバリ
IMG_3658.JPG

瞼の赤いのがオス、赤くないのがメス
オス2羽にメス1羽の群れ。

慌てて追いかけても何故か雷鳥様は逃げて行かない。
???
雷鳥の目撃情報を自然保護センターに報告して記念シール頂いた折に、
伺った話では雷鳥は害の無い生き物だと判断すると無視するらしいです。
無視されたおかげで雷鳥様撮影に30分ほど費やすことが出来ました。

お名残惜しくも後ろ髪引かれながら歩き出すと、
ありりりゃ、向かった先に先ほどの雷鳥様3羽が横を歩いてます。
んで、また立ち止まって撮影会(-_-;)
とても楽しい時間でした。

雷鳥様に出会えたおかげで体力気力も復活。
恐るべし雷鳥Power

またまた高山植物に癒され..
室堂25-12.JPG

室堂25-13.JPG

室堂25-14.JPG

ブレイクダンスの足取りだけど、雷鳥Powerで一ノ越山荘までダレルことなく到着。
室堂25-15.JPG

トイレも入れるし何か飲める。

山荘まで来ると精神的にも落ち着きますねぇ..
何せ高原バスの最終時間を調べていなかった能天気夫婦ですもん(爆)
ただ、200円で買ったホットコーヒー1杯飲んだら小銭85円しかなく、
100円トイレ使用出来ず悲しかぁ~
ちなみに1万円札は山では利用価値無し(爆)

今日最後の景色を見納め
室堂25-16.JPG

室堂25-17.JPG

室堂25-18.JPG

ちびらないちびらないと暗示を掛けながら整備された登山コースを下山して、
無事、室堂ターミナル到着(-_-;)
室堂25-19.JPG
勿論、トイレへはダッシュしますたケロ

最後の最後に食い納め。
シフォンケーキランチ
嫁完食ならず→残りは旦那に押し付ける(-_-;)
DSCN6038.JPG

高地名物パンパン袋(爆)
DSCN6029.JPG

さあ、弥陀ヶ原に向かおう
DSCN6039.JPG

バス待ちしながら次回は雄山に登りたいなぁ~と脆い野望を抱く嫁でした(-_-;)

おまけ
これがライチョウ観察記念シールだよ
DSCN6392.JPG

次はおこじょ狙うぞー(爆)

弥陀ヶ原編へ続くよ
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


nice!(11)  コメント(12) 
共通テーマ:バイク

旦那に騙されて、まさかの一山越え? [立山黒部アルペンルートツーリング]

9/25 快晴
早く寝ると早く眼覚めます。
ホテル立山、アビリティも充実してます。
日の出ご来光ツアー(2000円)もありましたが、
旦那乗り気でなく見送り(-_-;)

朝食前に散策。
ちょー気持ちよいです。o@(^-^)@o。ニコッ♪

旦那命名ダイアモンド立山
室堂25-1.JPG

室堂25-2.JPG

みくりが池にダイアモンド♪by嫁コンデジ
DSCN5897.JPG

剣岳見えてますねぇ
DSCN5903.JPG

朝食はバイキング
DSCN5905.JPG

宿泊客を見渡すと自分たちよりも年齢度高し(爆)
若さ吸い取られるぅ~
(あくまでも若いと自負する二人)

さてさて、本日は弥陀ヶ原まで下山です。
下山前に最後の室堂散策楽しみます。

室堂山展望台コース 難易度★★
往復3.2kmコース往復標準時間2時間半に挑戦。
日頃の運動不足が祟る二人(-_-;)
DSCN5909.JPG

DSCN5910.JPG

あくまでも写真撮りがメイン。だからスローペース(-_-;)
DSCN5914.JPG

室堂25-5.JPG

剣も良く見えるねぇ
室堂25-3.JPG

室堂25-4.JPG

山はトカゲ...らしい(爆)
DSCN5919.JPG

完全に寛ぐとかげ?
DSCN5927.JPG

展望台まであと少しの分岐で見えた浄土山登山口、絶叫の急登なガレ場。
DSCN5956.JPG

絶対避けたい登りなので、
何度もココ登らないよね?とシツコイくらい念を押して展望台へ。

晴天がいつの間にかガスる。
山の天気だねぇ~
本日の天気、予報では午後から雨...
念のため、旦那はバイク用カッパを背負い、
嫁はカメラ用ショルダーバッグにレンズ2本と貴重品掛けて歩きます。
山ガール山ボーイ山ババァ山ジジィのスタイルに比べたら完全に舐めた恰好です。
足だけは登山靴着用だけどねん。

展望台、いい景色です。
立山カルデラや
室堂25-7.JPG

ザラ峠も見下ろせます。
室堂25-8.JPG

残念ながら剣側はガスってしまい雲の中。

高山植物に癒される
室堂25-9.JPG

30分近く壮大な景色に浸り、さて下山しましょうか。
のつもりでいた嫁の思惑は外れ.....

 チッ...登るんかい? 

DSCN5951.JPG

そこからが闘い(-_-;)
なにせ本格的な登山道、20年ぶりくらい。
体も重いし運動不足だし..尻込みしてたら、
大丈夫、富山県警もあるし小松のMEDICも飛んで来るから..
慰めにならない励ましに、嫁も腹を括り、旦那守護人に登り始める。
(嫁が滑落したら止めてくれるつもりだったとか)

もうねぇ、凄く大変。
嫁が2歩で登る岩を旦那は1歩で登る。
旦那の倍、嫁は登ります。
室堂25-10.JPG

DSCN5961.JPG

斜度はどんどんキツくなり、
ガスでも出て視界不良
DSCN5967.JPG

もう限界かもと思った瞬間、尾根到着。
DSCN5968.JPG

ちなみにこの急登ルート標準登山時間20分下り10分。
運動不足夫婦は40分くらいかかったかなぁ(爆)

尾根沿いに浄土山頂上近辺まで歩き、そこから一ノ越山荘経由下山コースをチョイス。

ここまで登れば比較的軽いupdownでサクサク..
DSCN5971.JPG
晴天だったら、もっと気持ち良いんだろうなぁ~
残念だけど降らないだけ嬉しいかな。

富山大学立山研究所付近で小休止。

いやいや、やはり運動不足のせいか、足腰に負担大。
疲労困憊もーど全開になり座ると動きたくない嫁は早く下山したいモード。
旦那はと言うと、ベンチらしいものに座り込み.......

あ~

と叫びながら.....


ネタバレの次に続くよ(爆)
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:バイク

2540mの室堂目指して立山黒部アルペンルートを行く   [立山黒部アルペンルートツーリング]

9/24 快晴

前日の夕焼けが晴天をもたらせてくれました。
立山23-2.JPG

待ちに待った立山黒部アルペンルート。
このアルペンルートは一般車は走れません。
最高地点の室堂へ上がるには、
立山駅から美女平駅までケーブルカー約7分乗車
DSCN5629.JPG

DSCN5638.JPG

美女平駅着
DSCN5642.JPG

美女平駅から接続の高原バスで約60分乗車
接続バスにすぐ乗車出来ます。
DSCN5644.JPG

1000年近いと言われる立山杉
DSCN5646.JPG

お猿天国?
バスを見ても車道からどきません。
立山24-2.JPG

称名滝
日本一の落差とか
DSCN5649.JPG

立山24-3.JPG

立山24-4.JPG

運転手さん、なかなか絶妙なハンドル捌きに、
クラッチ減るな。。と呟くあのシト(-_-;)

二泊目はここ!
天空ロード、RTで走りたいな。
DSCN5652.JPG

ひとカーブごとに迫りくる山山
DSCN5663.JPG

室堂到着手前に剣だぁ
DSCN5668.JPG

室堂到着
DSCN5672.JPG

観光客が沢山います。
DSCN5678.JPG

大観峰までは室堂駅からトロリーバスで10分。
DSCN5695.JPG

DSCN5697.JPG

DSCN5709.JPG

室堂24-1.JPG

DSCN5688.JPG

山の天気は午前中が勝負。
宿泊先のホテル立山に荷物を預けたのち、
晴れているうちに大観峰まで一気に行きました。
眼下に見える黒部湖、エメラルドグリーンがキラキラしてます。
室堂24-2.JPG

紅葉前線ならロープウェイで下りたかったなby嫁
今回、黒部ダムは20年前に行っているのでパスしました。

雄山の下を走るトロリーバスに再び乗り室堂へ戻ります。
室堂へ戻り、ちょっと早めのランチとデザート(爆)
トレッキングする前に腹拵え(-_-;)

ティーラウンジりんどうにて
DSCN5715.JPG

だってだって~シフォンケーキ売り切れちゃうんだもん(爆)
DSCN5718.JPG

テレビで見て絶対食べるぞと決めてましたんで、目的適って満足の嫁

さて、やはり昼過ぎると晴れ間がアッと言う間に曇ります。
ガスも出て視界不良?

この日はみくりが池周辺トレッキング。
DSCN5723.JPG

みくりが池周回コースは約1時間。
DSCN5726.JPG

トレッキングルートはこんな感じ。
みくりが池→血の池→りんどう池→ロッジ立山連邦→りんどう池→血の池→
みどりが池→立山室堂→ホテル立山

みくりが池
DSCN5740.JPG

血の池
DSCN5763.JPG

りんどう池
DSCN5759.JPG

DSCN5766.JPG

DSCN5790.JPG

DSCN5796.JPG

みどりが池
DSCN5814.JPG

時折、青空が顔を出すとまた違った山の表情
DSCN5823.JPG

室堂24-5.JPG

室堂24-6.JPG

室堂24-8.JPG

ロッジ立山連峰まで歩きました。
歩いては止まり写真を撮りの繰り返し。
地獄谷温泉から流れてくる火山ガスが怖かったけど、
振り返って見る景色は同じ場所でも同じ景色ではありません。
ガスがかかったり晴れ間が覗いたりと神々しい景色に身震いするほど。
旦那は嫁よりももっとスローな時を過ごしていたっけ。
ただコーカクとズームの交換は忙しなかったけど(爆)
室堂24-3.JPG

チングルマ秋バージョン
室堂24-9.JPG

旦那が来ないので嫁は同じ道を2往復したのは本当の話。

雷鳥生息エリアを目を皿のようにして探すもいず。
DSCN5812.JPG
果たして嫁は公約守れるのか?
(最後の手段は縫いぐるみもありかな?)
すでにネタバレですが(-_-;)

日本最古の山荘 室堂
DSCN5825.JPG

DSCN5831.JPG

3時間ほどのんびりトレッキング。
最終の高原バスが下ると室堂は急に静かになりました。
DSCN5837.JPG

雄山頂上の旧雄山神社本殿
DSCN5843.JPG

雄山
室堂24-7.JPG

ホテル立山に戻り、部屋へ。
DSCN5720.JPG

DSCN5852.JPG

DSCN5850.JPG

DSCN5883.JPG

古い感じは否めませんが山のホテルにしてはなかなか。
値段も高いですけどね..おひとり様29400円
でも、あとで後悔したくないので大奮発しました。

自分でお湯入れて流す貸切家族風呂にて入浴
山の上で自宅感?
DSCN5858.JPG

部屋でティータイム
DSCN5861.JPG

夕食は19時スタート。
ちょっと贅沢して洋食フルコース。
DSCN5870.JPG

DSCN5875.JPG

洋食系の夕食は久しぶり、セレブぅになった気分で美味しく頂きました。

食後、寝落ちする前にカッパ着こんで星空ウォツチング。
夕方ガスっていたので心配でしたが、
それはもう満天の星空。
★が瞬いてます。
天の川も見れます。
★が流れて行きます。
もう感動感動感動で嫁はウルッ。

子供の頃に母親の田舎で見た星空には叶わなかったけど、
(当時は怖いくらいの星空)
北岳で見た星空に匹敵する満天の星。

室堂で叶えたかった夢、2つ目もクリア出来て大満足。
21時過ぎの就寝となりました。

怒涛の登山編へ続くよ
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
nice!(8)  コメント(5) 
共通テーマ:バイク

黒部峡谷トロッコに乗るぞー 9/23 [立山黒部アルペンルートツーリング]

9/23 晴天
走らないツーリング夏休み初日です。
(ここからが夏休み本番なのだ。)

朝9時出発のトロッコに乗ります。
バイキングの朝ご飯を頂き、
DSCN5344.JPG

荷物とRTを預けたまま、
送迎バスにて改札口へ。
DSCN5345.JPG

景観の良い右側席を狙うため、並びます。
3連休最終日ですが、かなりの乗客数です。
ツアー客も多いですねぇ...

宇奈月駅から終点の欅平駅まで約80分の乗車。
背もたれのない普通客車、
最後部の座席に座ったので旦那は体系をいかし壁を背もたれに(爆)
嫁も真似てみましたが座席と壁の空間にケツ落ち(-_-;)
チビは真似するもんじゃないねぇ(涙)

さてさて、どこでもなんでも乗り物の窓際はあのシトが陣取ります。
もう諦めてますが...写真撮影したいときはぶっちゃけ邪魔です。

トロッコは地元出身女優室井滋さんのアナウンスを聞きながら走ります。
DSCN5355.JPG

DSCN5358.JPG

景観ポイントの案内やクイズ?ありで盛り上げますねぇ。

DSCN5368.JPG

黒部1.JPG

黒部2.JPG

お地蔵さんに見える天然の仏石
黒部7.JPG

IMG_3244.JPG

釣鐘駅付近には黒部万年雪や猿専用の吊り橋などなどトロッコから見る景色は
楽しかぁ~

トンネル多し
DSCN5395.JPG

終点の欅平駅にようやく到着です。
DSCN5435.JPG

背中もおちりも疲労感ましまし(-_-;)

降りた途端、あのシトは脇目も振らず猛ダッシュ。
なんだぁ?
嫁も焦って着いて行きます。つーか追いかえるのも必死。
着いた場所はトイレ(爆)
用を済ませて出ればトイレは長蛇の列。
さすが、あのシトここでも抜かりねぇ(爆)

80分、トイレ無し、結構我慢大会か?

猿飛峡まで散策
DSCN5441.JPG

DSCN5442.JPG

DSCN5447.JPG

DSCN5460.JPG

黒部5.JPG

う~む微妙な景観(爆)

大文字草?
嫁コンデジ
DSCN5440.JPG

旦那7D
黒部3.JPG

ふくろうに見える木
黒部4.JPG

この花なんだろうか?
旦那7D
黒部6.JPG

奥鐘橋は改修中で残念な景観

人喰い岩どれ?

DSCN5463.JPG

DSCN5482.JPG

DSCN5489.JPG

とまぁ...チラチラ散策してみましたが思ったよりも感動薄でございました。

帰路の乗車待ちに峡谷そばランチ
富山名物のの字蒲鉾
DSCN5498.JPG

さるのこしかけ?
DSCN5502.JPG

帰路も同様の80分乗車。
往路に比べ、乗客もまばらゆえ、帰路は嫁も景観の良い左側をゲット。
夫婦して縦座り。
DSCN5526.JPG

壁際すれすれ?
DSCN5517.JPG

撮り鉄はトロッコもおさえる(爆)
黒部.JPG

黒部8.JPG

宇奈月駅に戻り、
DSCN5545.JPG

旦那my土産にH氏の真似してチョロQ購入。
嫁も恒例の乗り物マグネット購入
夫婦してお子ちゃまです(爆)

1日1ソフト?
想像したよりもスイカ味濃いぞ
DSCN5548.JPG

さてさて、ホテルに戻り、今度は23日の宿泊先である、
立山駅傍にあるホテルグリーンビュー立山を目指しました。
宇奈月から立山駅へ
DSCN5549.JPG

DSCN5560.JPG

DSCN5571.JPG

DSCN5595.JPG

DSCN5596.JPG

DSCN5603.JPG

立山宿着は17時頃。
翌朝8:40発のケーブルカーに乗車するので駅まで徒歩時間計測散歩。
あのシトはぬかりありません(爆)
ケーブルカーも最終に近いため立山駅も閑散。
ホテルから立山駅までは3分程度。
立地も値段もそこそこ、なかなか良い感じの物件。

地鉄
DSCN5606.JPG

旦那7D
立山23-1.JPG

ホテルグリーンビュー立山に横浜から、
登山靴やデイバッグ・着替えなど、あれもコレも詰め込んだ巨大段ボールを送りました。
今回、、室堂1泊・弥陀ヶ原1泊を予定したので、大荷物です。
飛び泊でRTと荷物の預かりをしてもらえるのか確認した上で宿泊先としました。
この方法だと何ら心配することもなく安心して室堂へ行くことが出来るので、
やはりここでもコンビニエンス~(爆)

食事は18時半スタート。
散策後、入浴。
期待してなかった温泉、PH9.52のにゅるにゅるの湯。
あーー美人の湯だなぁ
旦那も温泉萌え(爆)
さらに部屋から地鉄萌え
416号室、撮り鉄ちゃん専用ルームか?

旦那7D
立山24-1.JPG

ホテルグリーンビュー立山は公共系の宿。
広々とした室内で好感。
夕食はこの手の宿にしてはそこそこの美味しさ。
旦那も満足かな。
DSCN5608.JPG

さぁ、明日は8時40分発のケーブルカーに乗ります。
ワクワクしながら21時就寝(爆)

室堂編へ続きます。
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
nice!(7)  コメント(1) 
共通テーマ:バイク

宇奈月温泉到着~そして散策 [立山黒部アルペンルートツーリング]

9/22 PM
あの谷底が宇奈月かしらん?
DSCN5169.JPG

すげーええ感じで下ってくわ~

栄食堂でがっつり食べた私達。
宇奈月温泉到着まで腹が空くわけでもなく、
かなりヤバイ状態(-_-;)

何かと利便性高しということで、
宇奈月ニューオータニホテルにチェックイン。
当然、いっちょん安いプラン利用。
おひとり様12600円。
DSCN5174.JPG

もちろん景観悪し..(-_-;)
けど、チェックアウト後もRTや荷物を預けたままトロッコに乗れるから我慢。

鍵付きシャッターのバイクガレージ
DSCN5553.JPG

おまけに黒部峡谷トロッコ駅まで徒歩5分圏内。
まさにコンビニエンスだわ~

夕食を20時にお願いし、久々の手ぶらにて部屋へ。
荷物は仲居さんが運んでくれました。
有難き幸せ~

部屋は普通の和室
ただしお茶請けは豊富でしたケロ。
DSCN5177.JPG

一休み後、web切符の交換をしながら散策へ
なにせ散策でもしないとお腹空きませんから(爆)

宇奈月温泉街、こじんまりとしてます。
もっと地味でチマッとした感じをイメージしてたので、
少しビックリかな(爆)

宇奈月温泉=俺たちひょうきん族を何故か思い出す私って(-_-;)
ほら?
うなづきトリオってあったじゃない?
(ビートきよし、島田洋八、松本竜介)
同じ年代のシト覚えてる?

なんて、どーでもいいか!

踏切渡ると右手に、
富山地方鉄道(通称地鉄)の宇奈月温泉駅
停車中の地鉄見て、
ホーローのサボ探しするシト1名(-_-;)
DSCN5181.JPG

ゆるい登り坂の向こうにあるのが、
黒部峡谷トロッコ駅

まずは手始めにweb予約した切符の発券。
DSCN5330.JPG

プロパー料金よりも安いのかしらん?
と全然気にしてません嫁(爆)ですが、
往復の乗車時間の確保が出来るので便利ですよ。

記念撮影用?
DSCN5193.JPG

さて、駅前はあまり散策出来ません。
黒部川電気記念館とセレネ美術館くらい。
時間的には閉館に近いのでパスして、線路に張り付くと
眼下に見える赤い橋、いい感じです。
DSCN5194.JPG

いつもなら歩きたがらない嫁ですが、
急加速する体重の増加に危機感を覚え、積極的に歩きます(涙)

そこへトロッコが帰って来ました。
DSCN5196.JPG

赤い橋「新山彦橋」を通過するトロッコ、撮り鉄ちゃんにはかなり美味しいぞ(爆)
DSCN5198.JPG

さぁ、階段を下りてみよう。
DSCN5202.JPG

階段を下りると遊歩道になってます。
遊歩道沿いに歩くと新山彦橋の手前にある山彦橋を渡ります。
橋上からの景観、なかなかオツです。
DSCN5209.JPG

川底が見えるので(-_-;)
DSCN5214.JPG

DSCN5215.JPG

おっ、ニューオータニも見えます。
紅葉時期ならかなりの景観でしょうか。
DSCN5204.JPG

山彦橋を渡ると右にトンネル、左に吊り橋。
DSCN5223.JPG

まずはトンネルを潜ります。
DSCN5219.JPG

DSCN5225.JPG

恐る恐るトンネルを歩いて抜けると、そこは宇奈月ダムでした。
DSCN5242.JPG

ダム沿いには線路..ここにもいたか撮り鉄(-_-;)
DSCN5229.JPG

しばし、ダム見て下ってくるトロッコ見て(撮るが正しい)引き返します。
DSCN5244.JPG

DSCN5245.JPG

DSCN5248.JPG

DSCN5251.JPG

さて、ホテルに戻るかと思いきや、
トンネルを抜けるのを躊躇してたシトが何故か吊り橋をスタスタ。
DSCN5255.JPG

嫁が渡りだすと吊り橋を揺らす悪いヤツ。
渡りきると、遊歩道へ上がる階段。
その階段を上ると散策コースでない右手を足取りも軽く下るあのシト。
DSCN5263.JPG

DSCN5267.JPG

着いた先は廃道?
ではなくて、弥太蔵谷水路橋でした。
DSCN5269.JPG

DSCN5264.JPG

DSCN5270.JPG

嫁より視線が高いあのシト、偶然に発見したらしく辿ってみたようです。

これと同じ水路橋、トロッコ走行中にありましたね。

思わぬ産物を得た散策もそろそろ終盤、暮れゆく宇奈月トロッコ駅を眺めながら、
ホテルへ戻りました。
DSCN5307.JPG

ようやくお腹も落ち着いてきたので腹減らしトドメの入浴(-_-;)
ドクターFish、15分500円 嫁初体験です。
角質だらけのあんよ、ガジガジ齧ってくれます。
痛いのかな?と思っていたら意外にくすぐったい。
ベックラするくらいの数でツンツンされると、
それはまさに低周波マッサージのよう(爆)
コレはクセになりそう...
ちなみに旦那はキモと言い、さっさと大浴場へ逃げてました(爆)
DSCN5552.JPG

大浴場は24時間入浴可能の巨大風呂。
泉質は可もなく不可もなく、旦那言うところののっぺらぼうの湯。
一応、源泉でしたけど、萌え湯ではなかったなぁ~

いい感じでお腹も空いてきたところで夕食タイム。
12600円なので期待薄感動薄(爆)
DSCN5332.JPG

とりあえずくちくなったなったので、
寝そべりながら最終回のドラマ半沢直樹を見る。
途中、寝落ちして目が覚めたら終わっていた...悲しいオチやなぁ~

と、移動日はこうして食い倒れて終了したのでありました。


黒部峡谷トロッコ編に続く(-_-;)
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
nice!(7)  コメント(3) 
共通テーマ:バイク

立山黒部へ行こう まさかの前泊と移動編 9/21~22 [立山黒部アルペンルートツーリング]

9/21 土曜日
前日から夏休みモードの旦那が突然、前泊しようと朝から言い出す。
昨日から何故探さんか?
前泊すなわち今夜の宿を今から探すのか?

と朝から大わらわ。
いつも、そーなんだよなぁ~あのオッサンは。

嫁の予定は、
油断頭なので美容院、その後、掃除して、手荷物をまとめて、
翌早朝出発。

それが前泊となると、15時には自宅横浜出発したいと言う奴のおかげで、
楽しいはずの夏休みスタートが地獄の入口かい?

嫁が泣き叫んだので、珍しく掃除を旦那が始めたおかげで、
気持ち良く美容院へ行かせてもらえました。
おかげさまで手荷物の準備もウキウキ出来ましたよん。

今回のツー行先ですがBS放送の鉄ちゃん番組を見て、
あのシトが猛烈に行きたくなって決まりました(-_-;)

残る問題は前泊先。

前泊の予算はなるべく抑えたい。
しかし、翌日、移動しやすいビジホはどこもかしこも3連休なので当然満室。
ところが、あのオッサンは嫁も感心するほど、毎度毎度探してくる。
あのしつこさ忍耐強さ?嗅覚の凄さ?には嫁もビックリ。

以上の問題を全てクリアした私達、予定より30分遅れで横浜を出発!

しゅーーーーーっぱぁーーーーーつ
したんですけど、横浜新道から渋滞(-_-;)
なまぢ土地勘あるとあっちこっちと回り道。
これが早いのか遅いのか失敗なのか正解なのかは判らんけど、
どうにかこうにか1時間半ほど迂回し圏央道厚木ICから東名イン。
いやぁ~さすがの3連休。
東名に乗るまでで疲労困憊だわ(涙)

やばしR246で日が沈む?
DSCN4892.JPG

18時頃、東名鮎沢PAにてやっと一息。

久々の富士山に二人して感激(爆)
DSCN4895.JPG

22時頃チェックイン予定にようやく間に合いそうな兆し。
このホテルは何故か24時間チェックイン体制でないのよねえ..
それがちょっとネックかな。
ビーナスラインへの前進基地にうってつけだし、
何よりも値段も手頃だし諏訪ICも近いんだけどな。

いつも通り、御殿場アウトの
富士五湖有料→河口湖御坂峠経由→中央道 一宮御坂ICイン。

昼食抜きだったのでお腹ペコペコ。
お気に入りの八ヶ岳PAにて待望の夕食。
通常20時で営業終了のところ、3連休なので22時前延長とかで、
20時頃到着の我々には有難かったぁ~

何故か、毎回同じもの食べる私(-_-;)
DSCN4899.JPG

諏訪IC、21時過ぎアウト。
24時間営業の西友でつまみ買い込み、
目指すは、ちのスカイビューホテル
ダブルルームで二人で6000円
ベット幅が広めも高ポイントだよ。
DSCN4905.JPG

難点は壁が薄め、だけどなかなかヨサげです。
何と言っても6000円は魅力的ですもん。

9/22 日曜日 晴天かな?

ツーリング本番の朝です。
ビーナスライン入口のせいか早朝からバイクのエキゾーストが響いてきます。
同宿しているライダー達も1台1台走りだして行きます。
そんな中、私達はノンビリ(-_-;)
本日の移動は茅野から宇奈月温泉までなので、余裕あり。

なので、一人500円の洋朝食も付けました。
運ばれたものを見て、(  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!!
こ、これってモーニング?
DSCN4904.JPG

味はそこそこですがコスパ良しかな。


10時少し前にチェックアウト。
DSCN4908.JPG

諏訪ICから中央道→長野道安曇野ICアウト。
どうも安曇野よりも豊科のほうが馴染深いなぁ(-_-;)
DSCN4913.JPG

秋ですなぁ。o@(^-^)@o。ニコッ♪
DSCN4915.JPG

安曇野ICからはR147・R148にて糸魚川を目指します。
事前リクエストでアートラインは絶対走ってねとお願い。
DSCN4943.JPG

アートラインから白馬岳が見える橋の手前でも停車お願い。
ここで私達家族の思い出残る白馬大雪渓をめいめいデジイチ撮影。

白馬大雪渓の雪形の説明板
DSCN4966.JPG

糸魚川日帰りだとつい走り抜けるだけなので、損した気分でした。
今日は目的地までの移動、のんびり走ります。

いつもはスルーするK433、家族で初泊まりスキーの栂池高原。
懐かしいなぁ~
そして、街道の匂いプンプン(爆)
ここは千国街道沿い。
千国街道は塩の道と呼ばれ、新潟県糸魚川から長野県松本まで(約 130km)の旧道。
DSCN5003.JPG

DSCN5007.JPG

DSCN5008.JPG

DSCN5026.JPG

寄り道走りも街道好き夫婦には楽しかでした。

道の駅小谷でトイレ休憩。

いつ走っても南小谷から糸魚川までの大糸線は幻線(爆)

DSCN5046.JPG

糸魚川直前、最後の寄り道。
日本百名山の著書、深田久弥氏が没した雨飾山を眼下にしながら関所跡なぞ走行見物。
DSCN5063.JPG

DSCN5065.JPG

DSCN5082.JPG

DSCN5084.JPG

DSCN5094.JPG

しつこいようですが日帰りだと絶対に寄ってもらえなかったので、
余裕のある行程だと楽しさ倍増。o@(^-^)@o。ニコッ♪

糸魚川ICから北陸道イン、
宇奈月温泉に近い朝日ICアウト。
DSCN5112.JPG

インカム越しに富山に来たらキトキトの魚食べまいか~
と呟くあのシト。

の標識が見えるぞーと言うので、
右折するのか?と思えば直進。
DSCN5115.JPG

次ので右折するのかと思えばまたしても直進。
う~ん、不可解な行動である。
このまま直進したら糸魚川へ戻るぞーーーー

と心配してたら、
栄食堂で停車。
どうやら事前に昼食先を決めていたらしい。
DSCN5117.JPG

見た目はすんげぇ...怪しい食堂(-_-;)
地方の食堂、ちょっと勇気いるよねぇ..嫌いではないけど(爆)
恐る恐る入ると、
おっちゃんたち2グループがすでに出来上がり中。
嫁がちょっと不安感じる横で旦那は店の人と何やら会話中。
そして、冷蔵ケースを開けておかず取りだしたぞ。
DSCN5137.JPG

キトキトの刺身じゃなかったのかしらん?と脳裏を過ったけど、
面倒クサイので旦那任せでおかずを数品選ぶ。
選んだおかずは再度温めなおしてテーブルへ運んでくれるシステムらしい。

バイ貝の煮貝
たらことまぐろ煮付け
ミックスフライ
地物もずく酢
DSCN5127.JPG

かじきまぐろの刺身
DSCN5129.JPG

バイ貝をこねくりまわすオトコ
DSCN5132.JPG

これだけでも食べ過ぎ取りすぎ(-_-;)
そこへ運ばれてきたものを見て、
ゴシゴシ(-_\)(/_-)三( ゚Д゚) ス、スゲー!
DSCN5122.JPG

コレで1人前と言うんだから再度、
ゴシゴシ(-_\)(/_-)三( ゚Д゚) ス、スゲー!
DSCN5125.JPG

コレが噂?のたら汁一人前800円です。
お得感バリバリでございます(爆)
味噌汁ほど味噌味感なくいい塩梅のたら汁。
魚好きには嵌るっちゃねぇ...

何でもこの幹線、通称たら汁街道と呼ばれているそうで、
旦那は前から食べて見たかったらしい。
念願かなって大満足した夫婦はようやく、

を目指すのでした。

栄食堂の裏が線路
走り去るサンダーバードを慌てて撮らされる嫁
DSCN5143.JPG

きりんの単管ガードも撮る
食堂のおぢさん、怪訝な顔して見てたっけ(-_-;)
DSCN5141.JPG

9/22 宇奈月温泉散策編に続くよ
DSCN5162.JPG

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
nice!(8)  コメント(7) 
共通テーマ:バイク
立山黒部アルペンルートツーリング ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。